図書案内



Bioassay and Bio-informatics
for Environmental Assessment and Medicinal Sciences

内海英雄
中室克彦


B5変形・232頁
CD (Bioassay Database) 付き

定価15,750円(本体15,000円)
ISBN 978-4-7692-0495-4

内 容

 255種類に及ぶ環境関連化学物質を、種々のバイオアッセイを用いて、有害性・安全性を包括的に評価するために実施した基礎研究ならびに解析を、詳細にまとめた英文書。
 環境庁未来環境創造型基礎的研究推進制度プロジェクト研究「化学物質による生物・環境負荷の総合評価手法の開発」(主任研究者:内海英雄・九州大学先端融合医療レドックスナビ拠点長)において、18研究機関、70名にのぼる研究者により、対象化学物質として農薬類65、工業化学物質152、天然由来物質22、無機・金属類16物質の255化学物質について、25種類のアッセイによって実際に試験された成果を、余すところなく集大成した。
 検討されたバイオアッセイは、遺伝毒性・発がん性7種、細胞毒性・細胞機能6種、免疫毒性4種、内分泌撹乱毒性4種、市販バイオアッセイ・バイオセンサー4種など、多岐にわたるリスク評価が可能な形で実施され、今後の研究に大きな指針を与える。
 また。水・空気・土壌環境問題を扱う研究者が、未知の毒性物質の影響評価や、複数の化学物質を包括的に評価するための、バイオアッセイ手法の導入の際に活用可能なデータベースも、CDとして収載されている。
 これから研究を志す者にとっても、網羅されたバイオアッセイ系の原理と特徴を理解し活用するのに最適な、国際情報発信をめざした。

読者対象
 
環境関連化学物質の研究・開発にたずさわる環境科学、生物科学、化学、薬学の研究者・技術者
        

目 次

 Preface

 1. Introduction
 2. Tested Chemical Substances
 3. Comparative Investigation and Concept of Bioassay Array
 4. Genotoxicity and Carcinogenicity
 5. Cytotoxicity and Cell Function Assay
 6. Immune Toxicity
 7. Endocrine Disrupting Toxicity
 8. Commercial Bioassays and Biosensors
 9. Problem of Metabolites of Chemicals
 10. Bioassay Database

 Index
   

Copyright (C) 2011 Kougakutosho Ltd. All Raight Reserved