図書案内

中小企業技術経営
実践講座

日本工業大学大学院技術経営研究科 監修

A5判・272頁

定価:本体2,400円+税
ISBN 978-4-7692-0482-4

■内 容

 最近、特に大企業を中心として技術経営への関心が高まっています。
 また、技術経営の重要性は技術志向型の中小企業にも当てはまります。中小企業においても、自社のコア技術を経営にどう生かすか、今後の技術潮流をどう見極めて経営の舵取りをするかという戦略性が問われています。人・もの・金に余裕のない中小企業では、経営陣がこの戦略に関わる具体的施策の実践を何から何までやる必要があります。むしろ中小企業こそ大企業以上に技術経営の実践力を身につけることが重要であります。
 技術経営の重要性は大手企業も中小企業も同じですが、中小企業に大手企業の技術経営の考え方がそのまま適用できるものでもありません。また、技術経営を実践するにあたり、どのような人材を育成するべきかという点も、大手企業と中小企業では違いがあります。
 本書は、中小企業技術経営に詳しい日本工業大学大学院技術経営研究科の教員の講義録がベースになって執筆されています。
 読者にとってこの本の意義は、今はやりの技術経営が、中堅・中小企業にとってどのような意味を持つのかという素朴な疑問に答えてくれることです。同時に、中堅・中小企業に必要な現代経営知識が分かりやすくハンドブックの形で集大成されていることです。
 また、各章は独立しており、必要と感じる章だけ読んでも理解できるように書かれています。

■目 次

はじめに

執筆者紹介

第一部 中小企業にとっての技術経営とは?
 第1章 技術経営によって中堅中小企業は生まれ変わる
 第2章 イノベーションであなたの会社も変わる
 第3章 あなたの会社にも「知的財産戦略」が必要

第二部 新事業を創造する
 第4章 中小企業だからこそネットワークを活用した新事業創造
 第5章 起業を目指したビジネスプランの策定
 第6章 企業経営とマーケティング
 第7章 公的支援機関から資金援助を得てビジネスにつなげる
 第8章 インターネットで事業機会をつかむ

第三部 組織を強化する
 第9章 企業の発展と原動力となる人材の育成
 第10章 リーダーシップで組織が活性化する

第四部 ファイナンスの基本を押さえる
 第11章 中小企業の会計
 第12章 「企業価値経営」と管理会計的アプローチ

第五部 プロジェクトをマネージする能力を身に付ける
 第13章 P2M プログラムマネジメント
 第14章 プロジェクトマネジメントの基礎
 第15章 新製品開発にプロジェクトマネジメント手法を用いる

おわりに

日本工業大学大学院技術経営研究科について

Copyright (C) 2007 Kougakutosho Ltd. All Raight Reserved