図書案内

タイトル 図説 宇宙科学発展史(ずせつ・うちゅうかがくはってんし)
サブタイトル アリストテレスからホーキングまで
編著者 本田成親(ほんだ・しげちか)

ジャンル:天文学・宇宙論
ISBN 4-7692-0456-6 C1040
定価:本体1,600円+税
判型:四六判並製
ページ数:232ページ
発行年月日:2003年12月1日

対象:中高生〜一般

■内容紹介
 人類が挑んだ謎と不思議の解明史! 宇宙理解の2000年!
 楽しくて、わかりやすい図版満載(全2色刷り)。右ページは文章解説、左ページは図版です。見開き2ページ1話完結、全105話の充実版!
 人物は、アリストテレス、ガリレイ、ニュートンから、アインシュタイン、シュワルツ、ホーキングまで。項目は、天動説、地動説から、素粒子、インフレーション理論、無境界化説、ひも理論まで。

■著者紹介
1942年、横浜に生まれ鹿児島で育つ。東京大学大学院博士課程修了。位相幾何学、基礎論専攻。東大教官を経てフリーランスとなり、数理哲学や科学理論関係の著述に携わるかたわら東京芸術大学大学院美術教育研究科客員講師を2000年まで務める。1997年、「佐分利谷の奇遇」で第2回奥の細道文学賞受賞後、文芸作家活動に入る。近著には、『星闇の旅路』(自由国民社)、『宇宙の不思議がわかる本』(三笠書房)、『確率の悪魔』(工学図書)、『図説 創造の魔術師たち』(訳、工学図書)など。

■目  次
第1章 近代宇宙論のめばえと発展
 天動説の宇宙像
 発想の大転換を試みたコペルニクス
 コペルニクス的転回とその検証
 地動説の状況証拠
 ケプラーの法則と地動説
 古典力学の祖ニュートンの登場
 ニュートン力学第2法則・加速度の法則
 近代物理学の理念誕生
 万有引力の法則(1)
 万有引力の法則(2)
 万有引力の法則(3)
 万有引力の法則(4)
 万有引力の法則(5)
 時間と空間は絶対なのか?
 マイケルソンとモーリーの実験
 衝撃的な実験結果
 ローレンツ変換
 鬼才アインシュタイン現わる!
 特殊相対性理論の世界
 光速度不変の原理の正しい解釈
 時間の流れが遅くなる超高速の世界
 特殊相対性理論と質量変化
 特殊相対性理論の意義と限界
 一般相対性理論誕生
 空間のゆがみの検証は光が頼り
 時空4次元の世界
 空間のゆがみと時空4次元空間モデル
 重力場とアインシュタインの運動方程式
 重力場は光をも曲げる
 一般相対性理論とブラックホール
 一般相対性理論の正しさの裏づけ

第2章 宇宙は膨らんでいるか、縮んでいるか?
 宇宙原理と定常宇宙
 宇宙項と4次元球宇宙モデル
 フリードマンの宇宙モデル
 宇宙論と数学
 年周視差による恒星の距離計測法
 ヘルツシュプルング=ラッセル図
 ケフェウス型変光星による距離決定
 宇宙の端の銀河の距離測定
 エドウィン・ハッブルの星雲研究
 ドップラー効果
 重力によるスペクトルの赤方偏移
 宇宙膨張説の登場
 宇宙の地平線
 過去にも遡れるハッブルの法則
 宇宙年齢の計算と修正
 開宇宙なのか閉宇宙なのか?
 なぜ宇宙は膨張しているのか?
 ガモフのビッグバン理論
 ビッグバン理論の難点
 正体不明の3度Kマイクロ波
 ビッグバンの化石、3度K宇宙背景放射
 銀河の距離測定技術の革新
 宇宙はバブル構造だった
 銀河の特異速度とグレート・アトラクタ
 ダークマター
 ビッグバンは立証されたが……

第3章 マクロの世界からミクロの世界へ
 なぜ宇宙論にとって量子論は不可欠なのか
 量子論と不確定性原理
 シュレーディンガーの猫
 マックス・プランクのエネルギー公式
 シュレーディンガーの方程式
 宇宙へと向かった素粒子の研究
 実証されたクォークモデル
 クォークの分類と量子色力学
 軽粒子レプトンの発見
 ゲージ粒子
 安定した素粒子からなる現在の宇宙
 宇宙には4つの力が存在する
 統一理論とはどういうものか?
 ワインバーグ=サラム理論
 電弱統一理論の概略
 電弱統一理論から大統一理論へ
 超大統一理論
 2派に分かれた物理学者たち
 賛否両論の「超ひも理論」
 人間原理と認識の限界
 不完全性定理と論理の限界

第4章 宇宙の創成と宇宙論の最前線
 時空のかなたに見る宇宙創成のドラマ
 量子論の説くビッグバンの原点
 想像を絶するビレンキンの「無」の世界
 量子論的な意味での「無」とは
 トンネル効果によって原初宇宙は誕生した
 膨大な真空エネルギーの凝縮した原初宇宙
 車椅子の天才、ホーキング登場
 宇宙の特異点定理と無境界化説
 ホーキングの無境界化仮説
 虚時間空間の中の実時間空間
 ホーキングの宇宙モデル
 原初宇宙の出現とインフレーション
 インフレーション理論
 宇宙史の展望を広げたインフレーション理論
 宇宙ひも理論と子宇宙誕生説
 真空の過冷却とビッグバン
 物質を生んだ対称性の破れ
 出現したニュートリノの海
 軽元素誕生と宇宙の晴れ上がり
 銀河や銀河団の形成
 宇宙最初の天体クエーサーの誕生
 恒星の誕生とその一生
 137億年のドラマの果てに
 ダークマターにかかる宇宙の運命
 宇宙の終焉
 最新研究に基づく宇宙の未来像
 宇宙に知的生命体を探す











Copyright (C) 2003 Kougakutosho Ltd. All Raight Reserved.