図書案内

タイトル ミース・ファン・デル・ローエの建築言語(けんちくげんご)
サブタイトル
編著者 渡邊明次(わたなべ・めいじ)

ジャンル:建築・西洋史・教養
ISBN 4-7692-0452-3 C3052
定価:本体1,800円+税
判型: A5
ページ数:132ページ
発行年月日:2003年7月17日



The Architectural Language of
MIES VAN DER ROHE

■内容紹介
「建築とは時代を翻訳することである」
「すべての科学技術がその使命を全うした時、それは建築に成る」


 フランク・ロイド・ライト、ル・コルビジエと並び称される「近代建築の巨匠」ミース・ファン・デル・ローエが新しく創り出した建築言語を、事務所で創作を共にした筆者が、ミースの作品と作業の軌跡を追って詳述した、渾身の一冊!
 写真42点、図面29点を収録。

■作品図版
 バルセロナ・パビリオン * トゥーゲントハット邸 * ヴァイセンホーフジードルング * イリノイ工科大学キャンパス計画 * ファンズワース邸 * 860レイクショアードライブ・アパート * シーグラム・ビル * クラウン・ホール * ニューナショナル・ギャラリー

■著者紹介
渡邊明次(わたなべ・めいじ)
1935年、静岡県清水市生まれ。1958年、関東学院大学建築学科卒、1962年、イリノイ工科大学大学院卒。
1962〜65年、ミース・ファン・デル・ローエ事務所勤務。三井霞ヶ関ビル企画室、南カリフォルニア大学客員助教授を経て、1970年から関東学院大学建築学科教授。
著訳書:『ミース・ファン・デル・ローエ』美術出版社。『ミース・ファン・デル・ローエ』ワーナー・ブレイザー編集、A.D.A. EDITA Tokyo。『現代建築の源流と動向』L. ヒルベルザイマー著、鹿島出版会。『都市の本質』L. ヒルベルザイマー著、彰国社。『大規模なオフィスビル』井上書院。

■目  次
 まえがき
第1章 ミースの建築への啓示
   ミースの生い立ちと感性
   時代というコンセプト
   ミースの履歴書
   フランク・ロイド・ライトの作品展
   ミースの創作活動の信念
   創作活動の態度
第2章 作品の時代:二次元から三次元へそして四次元の建築へ
   事務所の心地良い空間
   反射という建築言語の誕生
   解体と再構築への道――煉瓦造田園住宅の計画
第3章 解体と再構築の実践
   バルセロナ・パビリオン――フリースタンディング・ウォール
   科学技術社会における住居環境――トゥーゲントハット邸
   ヴァイセンホーフジードルング――構造の有利さ
   建築の匿名性について
第4章 誰でもできる建築
   アメリカの都市の再生
   イリノイ工科大学のキャンパス計画
   教室棟のプロポーションとオーダー
   学生のための礼拝堂
   科学技術の建築――860レイクショアードライブ・アパート
第5章 建設芸術の完成
   ファンズワース邸――吊り構造によるユニバーサルスペースの誕生
   建築学科教室 クラウン・ホール
   都市空間を優先させたシーグラム・ビル
   近代のパルテノン ニューナショナル・ギャラリー
 あとがき
 ミース・ファン・デル・ローエの年譜

Copyright (C) 2003 Kougakutosho Ltd. All Raight Reserved.