図書案内

タイトル Q&A EMCと基礎技術(Q&A イーエムシーときそぎじゅつ)
サブタイトル
著 者 鈴木 茂夫(すずき・しげお)

ジャンル:情報・情報教育・コンピュータ
ISBN 4-7692-0428-0
定価:本体1600円+税
判型:A5
ページ数:136ージ
発行年月日:2001年10月25日

対象:EMC対策業務従事者

■内容紹介
 電子機器や携帯電話などの通信機器がめざましく進歩し、さまざまなところで電磁環境に対する問題が発生しやすくなっている。
 本書は、既刊書『EMCと基礎技術』のあとを受け、現在の技術動向や業務経験、セミナーでの質疑応答をふまえて、Q&A形式で構成されている。EMC設計やEMC対策などの業務に従事しようとしている人にお勧めの本!

■著者紹介
1976年、東京理科大学工学部電気工学科卒。
富士写真光機株式会社勤務を経て、有限会社イーエスティー代表取締役、技術士(電気・電子部門)。
「EMCと基礎技術」(工学図書)
「主要EC指令とCEマーキング」(工学図書)
「CCDと応用技術」(工学図書)
「技術士合格解答例(電気・電子・情報)」(共著、テクノ)
「電子技術者のための高周波設計の基礎と勘どころ」(日刊工業新聞社)
「環境影響評価と環境マネジメントシステムの構築」(工学図書)
「実践ISO14000審査登録のすすめ」(共著、同友館)
「技術者のためのISO14001」(工学図書)
「実践Q&A 環境マネジメントシステム困った時の120例」(共著、アーバンプロデュース)
などの著書がある。

■目  次 ( 抜 粋 )
○基礎編【1】 EMCの基礎

Q.1 電磁波を発生したり、受けたりするとどのような問題が起こるのでしょうか?
Q.2 電磁波の問題はどのようにして発生するのですか?最近はマイクロコンピュータのクロックが速くなっているといわれていますが、どのような関係がありますか?
Q.3 電磁波を測定する測定単位にはどのようなものがありますか?
(Q.4〜Q.8 略)

○基礎編【2】 ノーマルモードノイズとコモンモードノイズ

Q.9 ノイズにはどのような種類があるのですか?また、それらはどういうものです?
Q.10 ノーマルモードノイズの発生とそれによる電界の大きさはどのように表すことができますか? また、ノーマルモードノイズを低減させるには、どのようにするのですか?
(Q.11〜 Q.28 略)
Q.29 同軸ケーブルが高周波伝送に適しているといわれていますが、これはどのような理由によるものですか?
Q,30 EMC設計上、考慮すべきことはどのようなことがありますか?

○基礎編【3】 ノイズ対策部品の有効利用

Q,31 ノイズ対策部品を効果的に使うためにはどのような点に留意すればよいのですか?
Q.32 フェライトコアもコイルもインダクタンスを持つためにノイズフィルターとして使用されますが、どのような違いがあるのですか?
(Q.33〜Q.35 略)
Q.36 フェライトコアのインダクタンス値Lとインピーダンス特性はどのようになっているのでしょうか? また、留意すべき点はどのようなことでしょうか?

○基礎編【4】 シールドについて

Q.37 シールド効果はどのように表すのですか?
Q.38 シールド効果は等価回路ではどのように表すことができますか?
Q.39 主成分が電界波と主成分が磁界波のシールドはどこが違うのですか? 電流がたくさん流れているところのシールドは難しいといわれていますが、これはどうしてなのですか?
Q.40 シールド効果があるとはどのくらいのレベル(dB)のものをいうのですか? また、シールド材料はどのように分類できますか?

○基礎編【5】 EMC測定に関して

Q.41 ノイズ測定で狭帯域雑音と広帯域雑音を測定したときに、測定値にはどのような差が生じるのでしょうか?
Q.42 平均値検波と尖頭値検波とはどのようなことですか? また、測定された測定値はどのように違うのですか?
(Q.43〜Q.49 略)
Q.50 放射電磁界イミュニティー試験に関する対策は、どのようにするのですか?
Q.51 ファーストトランジェント・バースト試験の目的はなんですか? また、どのように試験を行うのですか?

○基礎編【その他】

Q.52 CEマーキングとはどういうものですか?
Q.53 EUの指令とはどのようなものですか?

○応用編(実務編)

Q.54 パスコンを有効に使うにはどのように使用するのがよいですか?
Q.55 ICがスイッチングするときのノイズの大きさはどのようにして測定することができますか?
(Q.56〜Q.60 略)
Q.61 A/D混在回路においてアナログGNDとデジタルGNDを分離すると、放射ノイズが増加する場合があるが、これはどのような理由によるのでしょうか?
Q.62 アナログ回路とデジタル回路が混在する場合は、どのようなことに注意する必要がありますか?

Copyright (C) 2002 Kougakutosho Ltd. All Raight Reserved.